D2Cスマイル

SHARE

スマイルを共有する

Facebook
Twitter
google+
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティングの総合オピニオンサイト
HOME > 【リテンション広告の配信に至るまで】リテンション施策/広告について:第4回
2018/03/22
2018/03/22

【リテンション広告の配信に至るまで】リテンション施策/広告について:第4回

 

D2C Rの北中 建です。
リテンションチームにてリテンション広告の提案、プランニング及び運用を担当しています。

 

第1回ではリテンション施策/広告の概要について
第2回ではリテンション広告の仕組みについて
第3回ではリテンション広告におけるDMP活用メリットについてお話をさせていただきました。

 
今回は上記を踏まえ、リテンション広告の実施までについて5つのフェーズに分けてご紹介したいと思います。

 

~リテンション広告のプランニングから実施まで~

 ⅰ. アプリの課題を定義
 ⅱ. 配信目的/目標の設定
 ⅲ. セグメントの作成
 ⅳ. クリエイティブの作成
 ⅴ. 配信/検証

 

 

ⅰ. アプリの課題を定義

アプリは配信状況によってさまざまな課題が発生しているかと思います。
まずは、どのような課題が発生しているのかを整理します。

 

・アプリをプレイするユーザをもっと増やしたい
・初心者ユーザの継続率を上げたい
・アプリの不具合で離れたユーザを呼び戻したい など

 

上記はリテンション広告配信を検討できる課題の例です。
今回は例として、配信後数ヶ月のアプリでよく課題となる「アプリをプレイするユーザをもっと増やしたい」、すなわち、DAU/MAUの増加が課題であるアプリに、リテンション広告を導入する場合を紹介します。

 

 

 

ⅱ. 配信目的/目標の設定

リテンション広告の配信において、絶対に軽視してはいけないフェーズです。(第1回参照)
広告配信において何を評価軸とするのかを定める必要があります。

 

リテンション広告の配信による影響を含め、全体的なDAU/MAUの向上を評価軸とするのであれば、
目標は【一定期間内でのDAU/MAU】とできます。
広告であるため、第一目標を【CPAやROAS】と設定しつつ、第二目標として【リテンション広告経由での獲得ユーザ数】と置くこともできます。

 

アプリを運営する会社によって何を重要視するかは変わってきますので、ⅰ及びⅱのフェーズには時間をかけて社内外での認識の擦り合わせを行うことをおすすめします。

 

 

ⅲ. セグメントの作成

課題やリテンション広告の配信目的/目標が定まったら、合わせてセグメントを作成します。
「DAU/MAUの増加」が課題の場合、

 

1 新規ユーザを獲得する
2 アクティブユーザに継続的に利用してもらう
3 休眠ユーザに復帰してもらう

 

ざっくり分けてこれら3つのアクションが必要になってきますが、2と3がリテンション広告でカバーできる範囲です。
アクティブユーザと休眠ユーザを定義した後、セグメント作成へと移ります。

 

ちなみにART DMPを含めた一部のDMPを使うことでアプリの休眠日数別復帰率などを算出することができます。こちらにより休眠ユーザやアクティブユーザの定義を支援することが可能です。
広告効果測定ツールでイベントを設定してトラッキングしていれば、アクティブユーザを細分化してユーザのロイヤリティに合わせたセグメントも可能になります。

 

(休眠日数別復帰率のグラフ例)

 

 

ⅳ. クリエイティブの作成

上記フェーズの進行に伴い、訴求すべき内容を固めていきます。
今回の例だと、

 

・アクティブユーザ(初心者ユーザ)
 ⇒モチベーション維持につながるアプリの機能訴求,一部の攻略情報訴求など
・アクティブユーザ(特定機能の未使用ユーザ)
 ⇒特定機能を使った場合のメリット訴求,特定機能の内容訴求
・休眠ユーザ
 ⇒復帰につながるイベント内容/コラボ内容/インセンティブ訴求など

 

などが訴求内容としてあげられます。
訴求内容をもとに、クリエイティブの作成にとりかかります。

 

 

 

ⅴ. 配信/検証

設定したセグメントにて、広告配信媒体を通じてリテンション広告を配信します。

 

・当初の目標は達成できているか
・改善すべきポイントはどこか
・効果的なポイントはどこか
・次はアプリ内/アプリ外で何をすべきか 

 

一定期間の配信を通じて上記を話し合い、必要であればⅱ~ⅳのフェーズに戻ります。
これらを繰り返し、新しい課題発見や課題解決を進めていきます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

これまでの連載により、
リテンション広告のことを少しでもご理解いただけたのであれば幸いです。

 

D2C Rには私が所属するリテンションチームがあり、
アプリ改善やリテンション広告に関するノウハウやツールがあります。

 

「リテンション広告に興味がある」
「今配信しているリテンション広告を改善したい」
「イベントデータを活用したマーケティングに興味があり、DMPを活用してみたい」
といったご要望をお持ちの方は是非お気軽にお問合せ下さい!

 

 D2C R
 http://www.d2cr.co.jp/

 

連載としては今回で終わりとなりますが
みなさまにご共有できる知識や知見を、またご紹介させていただきたいと思っております。

 

今回も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました!

 

関連記事 RELATED ARTICLES
このライターが書いた記事