D2Cスマイル

SHARE

スマイルを共有する

Facebook
Twitter
google+
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティングの総合オピニオンサイト
HOME > ワコール「パルファージュ」30周年~
あのBarbieとのコラボ企画について店舗取材へ!
2017/04/10
2017/04/10

ワコール「パルファージュ」30周年~
あのBarbieとのコラボ企画について店舗取材へ!

こんにちは!この度、デジタルマーケティング事業本部のチャーリーズエンジェルこと
女子3人がお送りするアカウント「デジマ部 チャーリーズエンジェル」が設立しました!
それぞれの個性で、とくダネ記事をスッパ抜きます!

 

今回は“本当は手作り弁当派女子あかね”が、日々背伸びをしてOL生活を送る中、
株式会社ワコール 広報・宣伝部 北見裕介氏に期間限定ショップにご招待頂いたので取材に行ってきました!

 

2017年3月29日より、ワコールの百貨店限定ブランド「パルファージュ」30周年を記念して「Barbie(バービー)」とコラボレーションした期間限定ショップがオープン。世界中の女性の憧れの存在である「Barbie」とコラボレーションした本企画についてお話しを伺ってきました。

 

 

ワコール期間限定ショップに行ってみた

さてさて、小田急百貨店新宿店の本館6階の奥に進むと下着売り場が見えてきました。
何やらにぎわっている様子♪キラキラ女子も多くて眩しい…。

 

店内には可愛い下着がズラリ。

 

 

パルファージュは「『愛される、香り。』―パルファージュを身に着けることで女性本来の魅力を引き出し、”自分を愛し、愛される”そんな女性になれる」がコンセプト。
確かに、こんなかわいい下着を着た日は、自分に自信が持てそうですね。

 

店内に入るとビンテージでレアもののというバービー人形がありました!
大阪には別のバービー人形があるとのことで、ファンにとっては大阪まで見に行く価値アリですね!

 

Barbieのコンセプトは『YOU CAN BE ANYTHING』(女性はなりたいものに何にだってなれる、自分の人生は自分で選択できる)。パルファージュのいつまでも憧れを持つ女性を応援したいという考えと一致しコラボに至ったそうです。

 

そしてこれが噂に聞いていた、フォトブース!
お姫様のお城みたいにピンクでかわいいですね!!

 

フォトブースがあるのは、4/11(水)までなのでご注意を!

 

と、ここで左側にチラリと見えた謎の機械。

 

撮った写真に「#Barbie_PARFAGE」または「#バービー_パルファージュ」をつけてSNS投稿すると、PICSPOTという機械にアップされます。なんと投稿した写真のプリントアウトができちゃうんです!

 

ということで、私も挑戦!!

 

その写真がこちら!(こっそり私もフォトブースで撮影)
なんと!専用のフォトフレームがついてプリントアウトされて出てきました♪

 

最近はデータでシェアすることも多いですが、こうやって写真をもらえるなら友達と一緒に行って記念に撮影したいですね!

 

ゲットゲット~♪…と喜んでいる場合では!
PICSPOTの使い方を教えて頂いたこちらの男性、広報・宣伝部の北見氏に、今回の企画について取材してみようと思います!

 

 

女性をキュンとさせる最新イベントの作り方

―今回のフォトイベントに関してはどのような狙いがあるのでしょうか?

 

北見:女性を中心とした多くの人々がInstagramやSNOWで「写真」を楽しんでいるように、最近のイベントトレンドでもやはり「写真」がフックになります。ですが、ワコールが同様のカメラアプリを開発してInstagramやSNOWのように広く使ってもらうのは難しい。
そこで、ワコールが考えたのは「場所を作ること」です。このフォトブースには、店舗というだけでなく、エンタメの場であり、自分を美しく見せるための場になってほしいという願いがあります。
下着のお店は気を引き締めていかなければいけないんじゃないかという気持ちを持たれがちですが、フォトスペースによってもっと気軽に立ち寄れるような場が提供できるではと考えています。

 

 

WebPRにおける適材適所の考え

―企画におけるパートナーを選ぶコツや今回の実現について気を配ったことはなんですか?

 

北見:今回はイベント会社に一任せず、ワコールの店舗チームと宣伝広報チーム、そしてPR専業でPR会社、その上で、小田急百貨店新宿店様と大丸梅田店様の広報担当の方も巻き込んでそれぞれの力を集結して情報を配信していくという体制を組みました。
チャンネル数や紙面数など枠が限られていたマスメディアが主流の時代とは違い、現在のWebの時代はメディア数が膨大で配信先が限りなくあります。そこでみんなの力を結集することで、良い記事がたくさん出来上がり発信をしていけます。WebPRを最大限に行うために、あるべき適材適所を考えました。

 

 

ワコールの重視するブランドコミュニケーション

―それでは最後に、今後ワコール様が考えるブランド戦略や企画があれば教えて下さい。

 

北見:Webの中にゲームや雑誌が登場したときのような驚きが今後どれだけあるかはわからないですが、相手は人なことに変わりありません。
媒体が何になったとしても人々は、嬉しいこと・目新しいこと・得になることを求めていると思います。できる技術視点で企画を考えるというよりも、人の気持ちの部分を一番に考えて企画をすることが重要だと考えます。

 

北見:綺麗になりたいという普遍的な願いだけでなく、突発的な、写真でも美しく見せたい、思い出を作りたい、といったその時々の想いにも下着メーカーとして何かできることがあるのではと思っています。

 

―下着と気持ちの関係性でいうと、新しい下着をつけた日は気分が良かったり、気持ちを高めたいからお気に入りの下着をつけたりというのはありますよね。

 

北見:機能軸やデザイン軸だけではブランドはできないと思っています。大事なのはストーリーです。何かのメディアやツールに頼るのではなく、企画を通してそのストーリーを伝え続けたいと考えています。

 

―貴重なお話ありがとうございました。また面白い企画をする時は是非声をかけて下さい!

 

パルファージュ公式サイトはこちら⇒http://www.wacoal.jp/parfage/barbie/
現在、抽選で10名様に新作のバービー人形が当たるTwitter投稿キャンペーン中とのこと!!

 

Twitterアカウントも要チェックです!⇒https://twitter.com/Wacoal_PARFAGE

 

関連記事 RELATED ARTICLES