D2Cスマイル

SHARE

スマイルを共有する

Facebook
Twitter
google+
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルマーケティングの総合オピニオンサイト
HOME > ツイートすると画像が変わる!
カンバセーショナルカードの活用法
2016/11/24
1
2016/11/24

ツイートすると画像が変わる!
カンバセーショナルカードの活用法

 
こんにちは、D2C Rの門馬です。
今日はTwitterのカンバセーショナルカードという機能と、広告活用についてお話させて頂きます。
 

161124_00

 
突然ですが、この記事を読んでいるみなさんはTwitterを利用していますか?
かくいう私は大学生の頃からTwitterを利用していますが、リア垢・裏垢・オタ垢などなど…。現在は6つのアカウントを使い分けて利用しております。

 
そんな私のようなオタクユーザーが主に使用しているTwitterで面白い機能が追加されたことを御存知でしょうか。
 
 

カンバセーショナルカードとは?

161124_01

引用元:https://blog.twitter.com/ja/2016/cac より

 
カンバセーショナル、という通常は一方的に呟くだけのTwitterの機能を、ユーザーのツイート内容に応じて画像や動画を表示させたり、表示される画像を変更させることができる機能になります。

 
今までは企業や製品のブランディングに活用されておりましたが、Twitterといえばオタクが多いSNS!
もちろんゲーム案件との相性も抜群です。
実際の実施例を見てみましょう。

 
 

ゲーム事例紹介

◆グリー株式会社様:マジカルギア「ぐるぐるじゃんけんキャンペーン」

161124_02

通常のTwitterの画面に見慣れないボタンが下にあると思いますが、
此方の内容をツイートすると、なんと!Twitterでじゃんけんすることができます。
それでは早速ツイートしてみましょう。私はグーを出したいので「#グーでツイート」を押してみます。
…すると!自動的に「#グー」のハッシュタグが入ったツイートが作成されます。

161124_03

このツイートを投稿すると、自分のタイムラインのみ自動で動画つきの投稿に変化し、アクションに応じた動画が配信されます。

 
 
このツイートに表示された動画を見ると…声優ユニット・ゆいかおりの小倉唯さんは「パー」を出したので、私は負けてしまいました…。

161124_04

 
アクションに応じた動画は投稿したユーザーにしか表示されず、フォロワーにはキャンペーンを告知する内容とアクションボタンのみが表示される仕組みです。
動画の結果は表示されず、フォロワーのタイムラインに広がっていきます。

 
今まで、一方的にユーザーにツイートしていた内容も、ユーザーに参加してもらいカンバセーショナルカードを活用することでより拡散されやすくなり、Twitter上で盛り上げを最大化することができるようになりました。
 
 

広告配信への活用

カンバセーショナルカードの活用方法はユーザー参加やツイートの拡散だけではありません。
カンバセーショナルカードのアクションボタンを選択すると、選択されたハッシュタグと予め設定されたテキストがツイート本文に表示されます。
アクションボタンで選択したハッシュタグと一緒にツイートされるため、該当のハッシュタグをTwitterのキーワードターゲティングに入稿することで、広告配信へも活用することが可能になります。

 
今回の例だと、勝った「#チョキ」、あいこの「#パー」、負けた「#グー」に対し、それぞれ広告表現を変えて再チャレンジの広告配信などを行うことも可能です。
また、投票機能のようにも活用できるので、選択したアクションボタンに応じた広告クリエイティブを配信することで、広告効果を最適化することも期待できます。

 
また、キャンペーンLPにTwitterのタグを設定すれば、キャンペーンに参加したユーザーにターゲティングしてよりユーザーに限定した表現や配信も可能になります。
 
ツイートのハードルが低く認知を拡大しやすいカンバセーショナルカードの活用方法は、無限大にあるのではないでしょうか。

 
 

まとめ

オタクといえばTwitter、…でもTwitterを活用して何をすればいいのか、どうすれば企画が拡散するのか。そのようなお問い合わせが最近非常に増えております。

 
弊社、D2C Rでは通常の運用型広告だけではなく、ゲームコンテンツを理解し、ユーザーの特性に合わせた企画案も合わせて提案させていただいております。

 
新しい切り口のプロモーションやマーケティング領域の支援、オタクユーザー目線での意見が聞きたい!などございましたら、ぜひお気軽にD2C Rにご相談ください!お待ちしております。

 
 
 D2C R
 http://www.d2cr.co.jp/

 
 

関連記事 RELATED ARTICLES
このライターが書いた記事